患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

診療放射線科

技術部診療放射線科では、「常に質の高い最高レベルの医療情報を提供する」ことを信条に、職員の教育や高機能装置の導入に取り組んでいます。また、すべての医用画像は完全電子化され、2系統の画像サーバ(PACS)と放射線情報システム(RIS)および読影システムにより、より安全で素早い医用情報提供が可能となっています。

もう一つの重要な取り組みとして、医療被ばくの低減があります。放射線機器の更新時には、より少ない被ばくで良好な画像が得られるよう、機種の選定やオプション類の選択を行って参りました。また、多くの放射線測定機器を揃え、読影に影響のない範囲で可能な限り被ばくを低減させるよう努力しています。

診療放射線科のスタッフ紹介(平成29年7月現在)

職種 人数 備考
診療放射線技師 17名 女性技師:4名
看護師 3名 看護部所属
受付事務員 1名
事務補助員 1名

関連資格等名称 人数 認定団体
第1種放射線取扱主任者 7名 国家資格(選任放射線取扱主任者:2名)
第1種作業環境測定士 1名 国家資格
初級システムアドミニストレータ 3名 国家資格
放射線治療専門技師 3名 放射線治療専門技師認定機構
放射線治療品質管理士 3名 放射線治療品質管理機構
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 4名 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
医療情報技師 1名 日本医療情報学会
放射線機器管理士 10名 日本診療放射線技師会
放射線管理士 10名 日本診療放射線技師会
臨床実習指導教員 3名 日本診療放射線技師会
医用画像情報管理士 8名 日本診療放射線技師会
シニア放射線技師 8名 日本診療放射線技師会
アドバンスド放射線技師 3名 日本診療放射線技師会
実習施設指導者 12名 (財)医療研修推進財団(P-MET)

X線検査部門

病院2階に位置し、単純エックス線撮影や乳房撮影、造影撮影などを行う部門です。一般撮影装置3台、骨密度測定装置(DEXA)1台、乳房専用撮影装置1台、透視撮影装置4台を保有しています。

また、ポータブル撮影装置3台とポータブルCアーム透視装置2台で病棟、救急外来および手術場での撮影などに対応しています。

CT・MR検査部門

X線検査部門の隣に位置する、コンピュータ断層 (CT) 撮影および磁気共鳴 (MR) 撮影を行う部門です。予約制で運用していますが、予約外でも可能な限り検査を受けております。

CT装置は、Revolution HD (64列) とOptima CT660 Pro (64列) の2台のマルチスライスCT(MSCT)装置を設置しています。これらの装置を検査部位などで使い分け、より診断価値の高い画像を提供できるように努めています。

MR装置は、3.0T超電導MR装置:MAGNETOM Skyraで、多くの受信コイルを備え、あらゆるMR検査に対応しています。また、夜間でも頭部救急MR検査が可能な体制をとっていますので、脳梗塞などの診断が迅速にできます。

血管造影検査部門

2階の手術室内に位置する、血管造影検査および血管内治療(IVR)を行う部門です。

血管造影全般に使用するDSA装置:Artis Zee TAが設置された血管造影室と、心臓カテーテル(心カテ)検査 用の専用装置:BRANSIST safire VF9 Slender Packageが設置された心カテ室の2つの血管造影室があります。

血管造影室では、心カテ以外の頭部、胸部、腹部、四肢の血管造影検査や治療が行われていて、中で最も多いのが肝臓疾患に対する検査と治療です。

心カテ室では、心臓カテ検査やPCI (経皮的冠動脈インターベンション) などを行っています。地域完結型の医療と救急救命率の向上を目指し、いつでも虚血性心疾患の救急を受け入れられる体制を整備しています。

核医学(RI)検査部門

地下にある核医学 (RI) 検査を行う部門です。

SPECTおよびPET検査に対応可能なハイブリッド型核医学診断装置:Infinia Hawkeye4と二検出器型心臓専用SPECT装置:Ventriの2台の検査装置、データ処理装置:GEniE Xelerisを設置しており、これらの装置でPET検査を含むすべての核医学検査に対応しています。なお、肺血流検査や脳血流検査、消化管出血検査では緊急検査にも対応しています。

放射線治療部門

地下にある放射線治療を行う部門です。

直線加速装置:Elekta Synergy、3種類の三次元治療計画装置:XiO、Monaco、ERGO で放射線治療並びに治療設計を行っており、高精度放射線治療(IMRT、IMAT、IGRT等)にも対応しています。

なお、放射線治療は週5日の治療が基本となっていますので、当院では、年末年始や連休などでも可能な限り治療の休止期間をおかないよう努めています。

なお、放射線治療は週5日の治療が基本となっていますので、当院では、年末年始や連休などでも可能な限り治療の休止期間をおかないよう努めております。




ページトップへ