患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

臨床検査科

地域医療体制の確立、救急医療の充実をめざす当院の検査部門として、24時間・365日対応できる体制を整え、質の高いデータを迅速に提供できるよう技術の習得に努めています。

臨床検査科のスタッフ紹介(平成29年7月現在)

職種 人数 備考
臨床検査技師 14
委託臨床検査技師 10
臨時臨床検査技師 7
臨時看護師 2
委託事務員 1
臨時事務員 2

関連資格等名称 人数 認定団体
細胞検査士 4 日本臨床細胞学会・日本臨床病理学会
国際細胞検査士 3 国際細胞学会
超音波検査士(消化器) 1 日本超音波医学会
超音波検査士(体表臓器) 1 日本超音波医学会
超音波検査士(循環器) 1 日本超音波医学会
超音波検査士(泌尿器) 1 日本超音波医学会
二級臨床検査士(病理学) 2 日本臨床検査同学院
認定輸血検査技師 1 日本輸血細胞治療学会
毒物劇物取り扱い者(一般) 4 厚生労働省
危険物取扱者(乙種 第4類) 1 福岡県
認定心電図技師 1 日本心電図学会
緊急検査士 2 日本臨床検査同学院

臨床検査とは

臨床検査とは大きく分けて、患者さんから得られる検査材料(検体)について行う検体検査と患者さんの生体そのものの機能について行う生理学的検査に分けられます。
検体には尿、大便、喀痰、分泌液など身体から排泄されるものを検査する場合と、血液、髄液、胸水、腹水、胃液、関節液、組織、臓器片などのように、医師や看護師あるいは臨床検査技師が患者さんから採取する場合に分けられます。
これら検体をさまざまな方法で検査し、その結果で体の状態を把握し、診断や治療方針の決定、治療効果の判定と経過観察のために利用されます。




ページトップへ