患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

臨床検査科

輸血検査

輸血検査室の業務は、認定輸血検査技師のもと、安全な輸血に必要な検査、輸血用血液製剤が患者さんに適合するかをみる検査および血液製剤の管理・供給が主な仕事です。

(1)血液型

輸血の際に必要となるABO式血液型、Rh式血液型を検査します。

(2)不規則抗体検査

不規則抗体は、過去の輸血や妊娠によって産生されることがあり、輸血副作用の原因となります。副作用防止のために不規則抗体の有無を確認します。

抗体があれば抗体同定を行います。不規則抗体の種類により、適合血(抗体に対する抗原を持たない血液)の選択が必要となります。

(3)交差適合試験

患者さんの血液と輸血する血液の適合性を検査します。

(4)血液製剤管理

輸血用血液製剤の血液センターへの予約、発注、製剤入出庫、在庫製剤管理を行っています。

(5)自己血輸血(自己血の管理・保管)

自己血輸血は同種血輸血による副作用や合併症を回避する有効な手段です。
自己血輸血は緊急を要しない待機的手術で、輸血が必要になると予測される際に、予め採血計画を立て、患者さんの血液を貯血します。
採血された血液は適正な温度で管理し、必要時に輸血を行います。自己血輸血には、ほぼ全身状態が良好なことなど、少し適応条件があります。主治医にご相談ください。




ページトップへ