患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > 一般情報 > 平成30年度新人看護師卒後研修について

平成30年度新人看護師卒後研修について

公立八女総合病院では、新人看護師卒後研修を近隣の医療機関の皆様に活用していただけるよう新人研修プログラムを公開しています。目的、概要をご確認の上、受講を希望される方は、研修スケジュール・申し込み方法をご確認のうえ、ご連絡をお願い致します。

目的

日本看護協会が新人看護師研修において「臨床実践能力の構造」を提唱している。その中で、新人看護師研修は、看護師として以下の目的を果たさなければならないとしている。

  1. 看護職員として必要な基本姿勢と態度
    1)看護職員としての自覚と責任ある行動
    2)患者の理解と患者・家族との良好な人間関係の確立
    3)組織における役割・心構えの理解と適切な行動
    4)生涯にわたる主体的な自己学習の継続
  2. 技術的側面
    臨床における14の基本的看護技術項目
  3. 管理的側面
    安全、情報、業務、薬剤、災害・防災、物品、コストの各管理

  4. これらの目的を、医療安全の確保、患者及び家族への説明と助言、的確な看護判断と適切な看護技術の提供を踏まえて実践できる。

概要

5月〜来年2月、1〜2回/月、1回の研修時間は1〜4時間、新人看護師研修を集合教育で行い、目的に沿った講義や看護技術習得を行う。

内容

研修のプログラム内容は、別紙プログラムをご参照下さい。
実施者:教育企画室、教育委員会、認定看護師、外部講師
対象:当院、近隣病院新人看護師
方法:新人看護師研修計画表に沿って、研修担当者が講義、看護技術演習、グループワークを行う。

申込先

看護部教育企画室 杉野
TEL:0943-23-4131(内線2255)
FAX:0943-22-3185

ダウンロード




ページトップへ