患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > 病院のご案内 > 地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

平成17年1月17日より『地域がん診療拠点病院』に指定されました。
(現:地域がん診療連携拠点病院)

地域がん診療連携拠点病院とは、全国で等しく質の高いがん医療を受けることができるように、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進する拠点として指定される病院です。

役割

  • 地域の医療機関と連携し、専門的な質の高い医療を提供すること。
  • 毎年、院内がん登録の集計結果等を国立がん研究センターに情報提供すること。
  • がん診療に従事する医師等に対して、がん医療に関する研修を行うこと。
  • 地域住民に対し、がんの予防やがん医療を受けるための情報を提供すること。

地域の中核的医療を担う当院としましては,地域がん診療連携拠点病院として,高度な医療の提供,地域医療の質の向上を目指します.また,地域のがん患者さんの情報の収集,分析を行い,各医療機関とともに連携を図りながら,がん医療の水準を向上させ,患者さん本位の医療に寄与することを目的とします.

活動

院内に委員会(オンコロジー委員会・緩和ケア委員会等)を設置し、関係機関と連携をとりながら、地域がん診療連携拠点病院として次のような活動を行っています。

  • 研修会
    院内の研修会の他、地域の医療従事者のための研修会を計画中です。
  • 情報提供
    地域がん診療連携拠点病院として、がんでお悩みの方が安心して相談できるようがん相談支援センターを設置しました。
    また、一般向けのがんに関するパンフレットを相談窓口に設置しています。
    ※一般的ながんについては、国立がんセンターのホームページに詳しく記載があります。
    国立がんセンター ホームページ
  • がん登録
    平成17年1月から当院患者さんのデータを収集し、個人情報保護の下で地域のがん医療の質の向上に活用します。
  • セカンドオピニオンを行っている施設について
    セカンドオピニオンを行っている施設一覧表(福岡県がん診療拠点病院)を掲載します。
    下記リンクよりPDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。
    PDF 施設一覧表( 158Kbyte )

  • 当院のセカンドオピニオン外来につきましては下記をご参照下さい。
    セカンドオピニオン外来

専門的ながん医療の提供

集学的治療の実施

手術・抗がん剤・放射線療法などを組み合わせた集学的治療、各学会のガイドラインに基づく標準的治療を提供しています。

がんにおけるPDCAサイクル

PDCAを使って改善する課題
 
課題の内容
目標
目標達成の検証方法(データ源)
1
化学療法前のB型肝炎 抗原・抗体のチェック 化学療法開始前には必ずB型肝炎の有無を確認し、陽性の場合には対策を講じて化学療法を開始する 月末にその月の化学療法開始となった患者のデータを確認する
2
アメニティセンターにおける有害事象のスクリーニング 化学療法の際の有害事象を客観的にスクリーニングすることで、早期に適切な有害事象対策を行い、スムーズに化学療法を継続できるようにする 1クール終了毎に電子カルテで患者状況を確認する

がんにおけるPDCAサイクル(PDF)




ページトップへ