患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > 患者の権利と責務

患者の権利と責務

公立八女総合病院では患者さんの権利を尊重し、信頼にもとづく良い医療を行うために、患者さんの権利と責務に関する宣言を掲げます。

患者さんの権利

良質の医療を受ける権利
適切で良質な医療を公平に継続して受ける権利があります。

選択の自由の権利
病院や医師を自由に選択し又は変更する権利と他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

情報を知る権利
治療や症状について真実を知り、納得ができるまで充分な説明を受ける権利があります。

自己決定の権利
充分な説明を受け、治療を受ける権利と治療を受けることを拒否する権利があります。

機密保持を得る権利
治療で医師や従事者が知り得たすべてのプライバシーの機密保持を得る権利があります。

尊厳を得る権利
尊厳を保ち安楽に終末期を迎えるためのあらゆる可能な助力を受ける権利があります。

患者さんの責務

情報を提供する責務
医師をはじめとする医療提供者に対し、自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。

医療に協力する責務
提供される医療に協力し、他の患者さまの治療に支障を与えないよう配慮する責務があります。

医療費を支払う責務
医療費の支払い請求を受けたときは、速やかに支払う責務があります。

子ども患者さんの権利

生きる権利
いつでもひとりの人間として大切にされ、最良の医療を受ける権利があります。

育つ権利
入院していても遊んだり、教育を受ける権利があります。

守られる権利
あらゆる暴力や虐待、無視、放置、搾取などを受けない権利があり、それらから守られる権利があります。

参加する権利
自分の考えや気持ちを病院の人や家族に伝え、治療方法の選択に参加する権利があります。

平成30年10月25日改定




ページトップへ