患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > 患者さんへ > 宗教上の理由により輸血拒否される方へ

宗教上の理由により輸血拒否される方へ

  1. 当院ではいかなる場合においても「相対的無輸血治療」を施行します。
  2. 宗教上の理由で輸血拒否を望む患者さんに対して、そのことが理由での診療拒否はいたしません。
  3. 信者の方が提示される「免責証明書」「絶対的無輸血治療」に同意する文書には、署名はいたしません。
  4. 以上の方針は、成分輸血療法に限らず生物由来製剤の使用、回収式自己輸血療法等においても患者さんの意識の有無、年齢に関わらず適応します。
  5. 当院の「相対的無輸血治療」の方針を十分に説明し理解を得る努力をいたしますが、上記の方針に同意が得られない場合は、他医療機関での治療をお勧めします。
  6. 出血性ショック等による瀕死の病態で、輸血以外に救命の手段がないと判断される緊急の場合は、手術同意書、輸血同意書が得られない場合でも救命のための手術、輸血療法を実施いたします。

【絶対的無輸血】
患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方

【相対的無輸血】
患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、生命維持のために輸血が必要であると医師が判断した場合には輸血をするという立場・考え方




ページトップへ