患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

禁煙外来

タバコがいろいろな病気の原因の一つであることはよく知られています。喫煙習慣の本質はニコチン依存症であり、自分一人だけの意志の力だけでの禁煙はなかなかうまくいかないことも多いと思います。
一人では難しい禁煙も、医療機関を受診して、適切な薬と、定期的指導で、禁煙を実現する事ができます。この禁煙指導は、条件が整えば保険診療で受ける事ができます。以下に該当される方は受診をお勧めいたします。

禁煙治療(保険適応)の条件)

(1.〜5.を満たしていれば保険適応されます)

  1. タバコ依存症スクリーニングテスト(TDS)で5点以上
  2. 一日の喫煙本数×喫煙年数が200以上である(35歳以上の方のみの条件)
  3. 直ちに禁煙することを希望している
  4. 禁煙治療の同意文書にサインできること
  5. 前回の禁煙治療の初回診療日から1年経過していること

ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)

はい:1点   いいえ:0点  ※5点以上はニコチン依存症です。
  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、出来なかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。
    (イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、憂うつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加)
  5. 「4」でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
    (注) 禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現したりしている状態。
  9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事やつき合いを避けることが何度かありましたか。

外来の受診方法

診察日 水曜日:9:00〜11:00 完全予約制
    (平成29年7月5日の予約分より受付開始いたします)
禁煙指導の期間は12週間です。この間5回の受診指導を受け、お薬を用いて禁煙を目指します。受診をご希望の方は、下記お問い合わせ先までお申し込みください。

お問い合わせ先

公立八女総合病院 診療支援課
 TEL:0943-23-4131 (内線2125)




ページトップへ