患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

各科・医師紹介

産婦人科

診療科の紹介

■ 主な疾患

  • 婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣良性腫瘍、卵巣チョコレート嚢胞など)
  • 子宮脱(性器脱)
  • 更年期障害
  • 婦人科悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)
  • がん緩和医療(がん疼痛、腹水穿刺などの症状緩和等)
  • 思春期外来
  • 流産
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)
  • 予定帝王切開

■ 診療科の特徴

  • 産婦人科専門医3人体制(非常勤含む)で診療を行っております。
  • 女性医師による婦人科癌検診、診療が可能です。
  • 腹腔鏡手術に代表される低侵襲手術に力をいれており、満足度の高い医療を提供することを心がけています。
  • 婦人科領域においては良性から悪性疾患までひろく対応しております。
  • 悪性腫瘍に対しては、手術・抗がん剤治療・放射線治療・緩和治療を行っております。
  • 子宮筋腫などによる月経過多の治療として子宮内膜アブレーション(MEA)を行っています。
  • 本手術は2012年保険収載となり、九州でいち早く当院に導入しました。おなかをきらない治療として、注目されています。約30分の手術で、1泊2日入院となります。

常勤医

診療部長 兼 産婦人科部長 伊地知 盛夫

※緩和ケア科部長兼務

認定資格

  • 日本産科婦人科学会専門医、指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 母体保護法指定医

  • 新生児蘇生法専門コースインストラクター
  • 日本サイコオンコロジー学会CST認定ファシリテーター

医師免許取得 1994年


医長 宮川 三代子

認定資格

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本がん治療医認定医機構がん治療認定医

医師免許取得 2001年


非常勤医

非常勤医 ※女性の医師が担当しています。





ページトップへ