患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します

各科・医師紹介

病理診断科

診療科の紹介

■ 診療科の特徴

  • 病理医は患者さまを直接診察することはありません。しかし、生検や手術の病理診断は患者さまの治療方針決定に重要な役割を担っています。
  • カンファランスへの参加や、臨床の先生方との鏡検をおこなっており、臨床と病理との連携に努めています。
  • 現在では、分子標的薬治療など、治療の選択肢が広がっています。分子標的薬治療適応判定のため、病理診断の重要性が高くなっています。
  • 不幸にも亡くなられた患者さまに病理解剖を行っています。病理解剖の所見から、治療効果などを判定、処置や治療の問題点から今後に向けての課題を検討します。時には、臨床経過中にわかっていないことが判明することもあります。
  • 患者さまに直接接することのない病理医ですが、患者さまの診療に深くかかわっています。

常勤医

病理診断科部長 谷川 健

認定資格

  • 日本病理学会専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

医師免許取得 1996年






ページトップへ