患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > > 3.0テスラMRI装置稼働開始のお知らせ

3.0テスラMRI装置稼働開始のお知らせ

先月より行っていたMRI入れ替え工事が完了し、平成26年3月24日より新しいMRI装置の稼働を開始いたしました。
工事期間中は多大なご協力をいただきありがとうございました。
高性能・高機能を有する最新装置の導入によって、従来のものより高画質な画像が提供できるようになり画像診断の向上に役立つようになりました。


新MRI装置の紹介

image002.jpg

3.0テスラMRI装置「MAGNETOM Skyra」シーメンス社製

磁場強度が3.0テスラと従来の2倍となっています。
感度が非常に高く、より微細な構造がわかる高解像度・高画質な画像の撮影ができ、短い時間での撮像も可能となります。

特徴
  • 開口径が70cmと従来のものより広くなっているため、圧迫感が軽減されたり体格の大きな患者さまへの検査を行うことができます。
  • ベッドが従来のものより下げることができ、乗り降りが楽になります。
  • 息を止めて検査することが多い腹部領域では、撮像時間が短縮され高齢な患者さまでも楽に検査を行うことができます。
  • 磁場強度の向上と高感度コイルにより、高精細な画像が撮影できるようになります。




ページトップへ