患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > > 初診時選定療養費の改定について

初診時選定療養費の改定について

当院では、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない初診の患者さんにつきましては、初診料とは別に選定療養費として1,620円をご負担いただいておりますが、地域医療支援病院の承認を契機として、選定療養費を平成27年4月1日から2,700円に改定させていただきます。
ご理解とご協力をお願いいたします。


初診時選定療養費とは

国が病院と診療所の機能の分担を推進するために定めた制度で、200床以上の病院を初診で受診する際、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない方等を対象に、初診料の他に各病院が定めた金額を徴収するものです。もちろん初診時に紹介状があれば選定療養費は必要ありません。


地域医療支援病院とは

地域の病院・診療所(かかりつけ医)と連携して質の高い医療をより効率的に提供することを目指す、地域医療の中核となる機能を有する病院のことです。


当院は、急性期医療を担う地域の中核病院として、かかりつけ医との機能分担により、手術や入院診療など専門的な治療が必要な患者さんへの医療の提供を担っています。しかしながら、かかりつけ医への受診が望ましい軽症の患者さんが、紹介状を持たずに直接受診されることが多く、本来の役割を果たすことに支障をきたしております。
そこで、このような状況を解消し、本来の役割である専門医療を適切に実施していくために初診時特定療養費を見直すこととなりました。
当院は、地域医療支援病院承認を契機として、今後より一層かかりつけ医との役割分担を推進し、地域医療の質の向上や連携機能の構築に取り組んでまいります。市民の皆さんには、それぞれの医療機関の役割や機能をご理解いただき、かかりつけ医の利用についてご協力をお願いいたします。




ページトップへ