患者さまの権利を尊重し、心の通った医療を実践します
トップページ > 公立八女総合病院 > > 回転型強度変調放射線治療(VMAT)施行しています

回転型強度変調放射線治療(VMAT)施行しています

当院では2010年12月より、前立腺がんに対して医療用直線加速装置(リニアック)による回転型強度変調放射線治療(VMAT)を開始しております。

VMATは強度変調放射線治療(IMRT)のひとつであり、病変部に高い線量を集中させ、周囲の正常組織への影響を少なくするための高度な放射線治療技術です。現在までに45例施行しております。

詳しくは、放射線治療のページをご覧ください。




ページトップへ